第2回 WHITE LABEL 活動報告

第2回 WHITE LABEL  2018.3.24

こんにちは!今回は熊本県立大学の戸田が自由度満載、個性豊かなホワイトレーベルの活動報告をさせていただきます!

ホワイトレーベルではTHE BODY SHOP、熊本グリーンバード、県大生、などなどが一緒に活動しています

そこに!今回は日本ユネスコ協会連盟から4名参加してくださいました。しかも!松山と大分から!朝早くから有難いですね〜

ということで今回は全12名で、朝10時から鶴屋裏の蓮政寺公園に集まり国際交流会館までゴミ拾いをするところからスタートしました

桜も咲いて春を感じながらのゴミ拾い、気持ちよかったです

みんなでワイワイしながら街をキレイにするのも楽しくて良いですね

いい笑顔です、楽しさが溢れてますね

前回よりもゴミは少なかったです。いつか拾うゴミが見当たらないぐらいキレイな街になるといいですね!

そんなこんなであっという間に国際交流会館に到着。今回は最初にTHE BODY SHOPさんのCSR紹介をして頂きました!

New-S館の地下1階にお店があるボディーショップさん。今様々な企業が掲げているCSR活動の先駆けとなった企業の1つであるということをご存知でしたか?

“Enrich Not Exploit”(搾取ではなく、豊かに)と掲げたコミットメントのもと、動物実験反対、独自のフェアトレードプログラム推進、女性や子どもやマイノリティの方たち、震災にあった方や難民の支援などを行なっているそうです。

エシカルで持続可能なグローバルビジネス、私たち消費者としても大切にしていきたいですね!

そして今回の集合写真はTHE BODY SHOP創業者であるデイム・アニータ・ロディックさんの宣材写真(1つ上の写真のスライド上にあります)のポーズで! 肩痛そうな人もいますが、さすが女性陣はみんな美しくきめましたね!

 

まだまだ続きますよ!今回は内容盛りだくさんの回なんです。次は松山から来ていただいた日本ユネスコ協会連盟の横田さんから、SDGsについてのお話です

Sustainable Development Goals (SDGs)持続可能な開発目標、聞いたことはありましたか?

これは2016年に採択された、2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現させるための17の目標・Goalsと169個のより詳しいターゲットから構成されています。

今も途上国における問題は山積みですが、途上国だけではなくって、先進国でも共通する課題あるよね!地球規模で考えて地域で活動しようよ!Think Globally, Act Locally、というのもSDGsの特徴です。

あとは「誰一人として取り残さない」No one will be left behind、ということも誓っています

横田さんのとっても分かりやすい話を聞いて、SDGsという目標とともに希望に満ちた世界をつくるため、いい方向へ社会変革していきたいと感じました

SDGsのカードを使って熊本の課題と照らし合わせたりもしました!

 

最後は、私、戸田からのタンザニアスタディーツアーに行った報告です!

2月の末からタンザニアに行ってきました!タンザニアは東アフリカにあります。このスタディーツアーのメインは約15万人ほどの難民の方々が生活しているニャルグス難民キャンプというところを訪問することでした。

…と、話していたらキリが無くなりそうなので、もし話をききたい!興味ある!という人がいたら連絡してください!たくさんの写真と共に報告させて頂きます〜

ただ、今回”最前線”の世界を見て、そして感じてきて、同じ地球で今を生きる人たちが理不尽な出来事に苦しむ姿から目を背けることはできないし、背けたくないと改めて思いました。そして真実・本質に目を向けて生きていこうと心に決めた、戸田(21)です!

そして私ごとですが、来年度から大学を1年休学して東京に住むことになりました!1年間活動には参加できないのですが、また来年レベルアップして戻ってきますのでよろしくお願いします(*^^*)

 

さぁ、次回のホワイトレーベルも楽しみですね!!!ゆるく、自由に、楽しく、ここのレーベルの個性を生かして4月も楽しんでください♡

熊本県立大学 とだちはる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です