第16回 ORANGE LABEL活動報告

第16回 ORANGE LABEL活動報告

令和2年 7月18日(土) CANPUSの松永です。

新型コロナ、球磨人吉豪雨災害と重なり、今年度も大変な時期となりました。

自然災害には、十二分に注意をして下さい!

2020年度(令和2年度)初の活動になりました。

初めて参加の学生ばかりです。

熊大西門に10時集合してボランティア活動(ごみ拾い活動)

私からの自己紹介、ごみ拾いについての諸注意

多くの参加者でしたので2班に分かれてごみ拾いスタート

みなさん、初めての参加で目が輝いています(気合い十分な感じが伝わってきます)

大所帯でしたので、渋滞の車の中から覗き見されていました。(何やっているのかな?)

黒髪地区の住民さんとの挨拶のコミュケーションが取れていましたね!

暑い中、ごみ拾い活動お疲れさまでした。

 

黒髪コミセンホールにてワークショップ

組織部の学生さん(12名)、初めての参加者でしたので、2014年ZERO PROJECTの活動からZERO BEYONDスタート~第9回(2019、1,20)までの流れの説明。2019年度ORANGE LABEL活動報告実績を行いました。

学生さんからの感想

今日は、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。街が綺麗になっていくのはとても気持ちがよかったです。また、ぜひ参加したいです。

ORANGE LABELでは、ゴミ拾いの活動以外にも色々な活動をしていて、今後も参加したいと思った。

歩道のたばこのポイ捨てがとても多いなと思いました。草が生えているところなどパッと見では、目に入らない場所にごみがあったりもして、ポイっとする人の気が知れないなと思いました。ひとつでもなくなればいいと思います。

初めてボランティア活動に参加しましたが、とても楽しく、また地域の為になることができて良かったと思った。ぜひまた参加したい。

ゴミ拾い活動に参加してみて、街にゴミがあるということは、見た目の問題だけでなく、治安の悪化につながり犯罪の原因となることを知ることができた。私もゴミの出し方に十分気を付けて生活していきたい。

ゴミ拾いをしたことで、身の回りに落ちているゴミの存在気づくことができた。また、地域と熊大生のコミュニティを大切にしないといけないなと感じた。

今日の活動で、今までの歴史や活動について知ることで、この活動の大切さを学ぶことができました。

これからも参加して、多くのことを学んでいけたらいいと感じました。

自分は初参加だったのですが、「オレンジレーベル」という企画がこんなに大きいものだったとは、把握しておらず驚いた。今後も積極的に参加していきたい。

ゴミ拾いの活動と検定を通して環境問題に対して、我々がどう行動すべきなのか考えることができました。

予想以上にごみが落ちていて驚きました。減ってきたとはいえ、たばこの吸い殻や空き缶などのポイ捨てされたごみがあったのでこれらがなくなればいいなと思います。

今回、ごみ拾いを行って思ったことは、自分が思っている以上に捨てられたごみが多いと思いました。みんなが過ごしやすい町にするためには、1人1人の意識を変えることが大切だと思いました。

地域のごみ拾いをしていると、地域の方々から挨拶してもらえて、少し関わりをもつことができた気がした。積極的にボランティアに参加していきたい。

ZERO検定12名 受験

活動証明書12名発行

本日参加されたみなさん、「新型コロナウィルス感染症、感染防止対策チェックリスト」に従い色々とご不便をおかけしました。無事終わることができ、皆様のご協力に感謝します。今後ともORANGE LABELをよろしくお願いします。お互いに成長していきましょう。

友人、知人にORANGE LABELの事をSNS等で拡散をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です