第26回 SKY LABEL活動報告

皆さん、こんにちは。
SKY LABEL 担当 CANPUS 林です。
本日は、スカイレーベル活動でした^_^
雨はしとしとと降っている環境でも、大学生が4人も参加してくれました。
各地で、コロナに加えて雨による災害が相次いでいる中での開催となります。
今日も資源物を回収しながら、地域の方々と挨拶やお話をし、コミュニケーションをとりながらの活動でした。
  
本日は、雨が降り続く今後も含めて町内自治会長さん達は、
避難の場所を知っているかや早めの行動の啓発を含めて
その地域ならではの対応策やアドバイスを含めてお話をされていました。
本日は、雨が降り続く今後も含めて町内自治会長さん達は、
避難の場所を知っているかや早めの行動の啓発を含めて
その地域ならではの対応策やアドバイスを含めてお話をされていました。
昭和28年に起きた白川大水害
白川が氾濫し、沢山の犠牲者何でました。
この大江地区も当時の被害が大きかった場所の一つです。
時は経ち、現在でもその悲惨な経験を地域で活かす為に
様々な啓発や行動を行っています。
今回の豪雨で被災した親族として私も明日、片付けのお手伝いで芦北に行きます。
その時に伝えようと思うのは、
この大江地区のようにこの悲惨な経験を世代を超えて活かし、
将来のこの地域での起きるかもしれない
災害への備え方を地域で共有していく重要性です。
皆さんのお住まいの地域で、このような地域ならではの
地域の語り継ぎ何きっとあるのだと思います。
人吉、芦北ではボランティアの受け入れも始まりました。
行ける方は是非行った方が良いですし、
いろんな事情で迎えない方もいると思います。
行けない方々は、物資の提供や募金でも
お手伝い出来る事も沢山あると思います。
そのお気持ちは、行ける人も行けないも同じです。
その中で、ご自身達の地域もいつ何が起きるかわからないと感じていただき、
少しでも地域とコミュニケーション取られると、
それも今の惨状を迎えている各地域に対する
貢献の一つではないかと、
本日のスカイレーベル活動を通じて感じました。
参加された皆さん、今日もお疲れ様でした^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です