第13回 ORANGE LABEL 活動報告

第13回 ORANGE LABEL 活動報告

令和元年 9月21日(土) CANPUSの松永です。

本日は、10時に熊大西門(ポフラ側信号)に集合しました。

台風の影響で大雨も心配しましたが参加者の熱い思いが重なり、開催できました。

今日は、会場を設営して、風が吹いていたので、ごみがあるか?ないか?下見をしたところでした。

熊大西門~子飼交差点~黒髪コミセンのルートとなりました。

少数でしたが2班編成で57号線を北側、南側と分かれました。

参加者の中には、熊大大学院生も前回に続き2回目参加して下さいました!

ボランティア活動中に、通りがかりのお婆さんから「お疲れさま」と声を掛けられビックリした学生もいましたが、嬉しい気持ちになったことでしょう!

最近、ボランティア活動中に挨拶されたり、お疲れさまと声を掛けてもらうことが多くなりました。

学生から「ボランティア活動をすることにより、いろんなことに視野が広がった」という意見をよく聞くようになりました。

熊大周辺もきれいになりました。

みなさん、忙しい中、ボランティア活動お疲れさまでした!

 

ワークショップ(黒髪コミセン:和室)

「熊本市のごみの出し方講座」

私、松永が行いました。

熊大入学前に熊本市外に住んでいた人がほとんどで、自分でごみを出したことがある人は、少ないようです。

ごみ置き場は、自治会置き場、アパート・マンション置き場があること。

ごみ置き場は、燃やすごみ・紙ごみ・プラスティク製容器包装の置き場と資源物・ペットボトル・特定品目・埋立ごみ置き場の2種類がある。(単発置き場、総合置き場があります)

熊本市役所には、クリーンセンター(北部・東部・西部の3クリーンセンター)がある。

熊本市の焼却工場(東部・西部工場)、扇田環境センター(埋立地)の紹介。

収集後のごみ置き場の違反ごみの説明。

違反ごみの状況、曜日を守らなくネコやカラスによる散乱写真。

自治会の役員さんたちが分別をされている風景の写真。

熊本市でのごみの種類はどんなものがあるか?

ごみの分別ゲームを参加者と一緒にやり、正解と解説を行いました。

啓発業務に紹介

小学4年生に「環境学習」出前講座、自治会夏祭りの紹介。

廃棄物処理法の家庭ごみは、市長村で処理をする。産業廃棄物は、事業者の責任で処理をすることの説明。

循環型社会とは、3R(リデュース、リュース、リサイクル)の3つの行動を実現した社会の説明を行い覚えてもらいました。

後は、熊本市の「ごみ・資源収集カレンダー」を基に補足説明をしました。

熊本市で「ごみ分別アプリ」が出来ましたので携帯電話にアプリをダンロードしていただきました。

 

<参加した学生から感想>

普段から違反シールの貼られたごみを見て、どのように処理されているのだろうと疑問に思っていたのですが、今回の講座で、市の職員の方々や自治会の方々が再分別や違反者を訪問を行っていることを知り、ひとりの違反が多方面に迷惑がかかっていることがよくわかりました。よりよい環境をするためには、ひとりひとりが住民意識を持って、責任を自覚する必要があると思いました。

 

ごみが正しく分別されないと、税金の無駄使いをしてしまったり、地域住民・自治会(町内会)が本来しなくてもいいことをしていることを改めて認識しました。意識づけは大切なことだと思います。

初めての参加です。次回からも参加したいと思います。活動を広めたいです。

ごみ問題の重要性を学ぶことができた。ごみの分別は、面倒に感じることが多々あったが、今後は、しっかり分別ルールを守るよう改善する。

ごみの出し方について、今まであやしかった出し方を詳しく知ることができてよかったです。雨が降っているときは、紙は透明な袋に入れていいなど初めて知りました。今後は、日常生活でいかしていきたいと思います。

 

個人のごみ出しが、地域の方々や周囲の環境だけでなく、熊本市全体にも影響が出ていることを知りました。埋め立てや特定品目など、私自身もあやふやなところがありました。アプリやカレンダーで再度見直して定着させたいです。

今日は、ごみの分別について考えました。燃やすごみやプラスチックごみ、ペットボトルは、普段から捨てていますが、資源物や大型ごみに関してはあまり馴染みがなかったので分別方法について詳しく知れてよかったです。これからも黒髪地区の一住民として、ごみの分別を適切に行っていきたいと思います。

<ZERO KEN

学生 4名、社会人 3名、 7名の受験

90点以上 ブルー認定 3名

 

活動証明書発行をしました。

 

今日、参加されたみなさん、お疲れさまでした!

 

ORANGE LABELの活動を知人、友人に情報を拡散してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です