SKY LABEL (夏まつり特別編)活動報告19.8.17

まいど!

CANPUSのコジマでございますー

 

ちょうど去年の大江校区の夏まつりでした。

SKY LABEL学生が、大江校区の樋口会長と田尻会長と出会ったのは。

その出会いから、大江校区3・4町内合同の自主防災クラブで行う集団回収を一緒にやってきました。

その活動を通して、学生が気づいたことのひとつ。

「地域の高齢化」でした。

地域の活動などに参加したくても難しい方々がいらっしゃると。

 

学生たちは。

であれば、こちらから訪問できないか?

地域の元気玉(子供たち)を連れて!

「地域にもっと笑顔を作りたい!」

「地域をもっと元気にしたい!」

この純粋な想いから、今回のスタンプラリー企画が生まれました。

 

発案者の松下くん、頑張りました!

地域の会合で企画をプレゼンしたり。

ただ、色んなご意見ありました。

対象にしているのが、高齢者と子供たちだったので。

前向きな意見やそうでない意見など様々。

今までなかったこの提案に最初は困惑している様子でした。

 

ですが、自治会長らとSKY学生らとの出会いからこの1年。

一緒に集団回収を共にしてきた樋口会長と田尻会長が説得してくれました。

簡単ではなかったと思います。

この1年で、絆も生まれ信頼関係が構築されていた証だったと思います。

 

今回はスタンプラリー企画に併せて、夏まつりのポスター制作もSKY学生が行いました。

ポスターに関しては、桃子ちゃんが中心となって。

地域の方々と細かく打ち合わせを行いながら。

 

そして当日、いよいよスタンプラリーがスタート。

3班(1班 子供5名、SKY学生2名)体制。

90歳の一人暮らしのお婆ちゃん宅では、昔のおもちゃを体験したり。

地域のクイズに答えたり。

地域のクリーニング店では、商品の計算問題を解いたり。

これは、店主がレジで計算していたものを子供たちが見つけて大騒ぎになったところ。

道中、水分補強したり。

ホントに子供たち楽しそうでした。

それに負けずに楽しそうだったのが、受け入れ訪問先の高齢者のみなさん方でした。

そして無事に3班到着。

もちろん課題は残ったものの、初めての企画にしては大成功だったと思います。

 

スタンプラリーが終わった後は。

地域のブースに応援として入り、

みなさんとワイワイやりながらお手伝いをしてくれました。

 

今回の大江校区の夏まつりは第4回目。

個人的には、第2回目から仕事関係で参加させて頂いていますが、今年は去年の倍くらい参加者がいたように感じました。

そして、最後の最後まで人が減らなかったですね。

最後の方でジャンケンで景品をもらう企画では大盛り上がり。

このサイズ感だからできる一体感。

この場にいて、地域の繋がりを感じ、凄く幸せな気分を味わうことができました。

これは、田尻会長と樋口会長が日々コツコツと集団回収等、炎天下でも雨が降っても継続して築き上げた地域の底力の証。

プライドをズタズタにされながらも地域の方々を受け入れてきた器があってのこと。

多くを学ばせて頂いていることに感謝です。

この夏まつり、今後さらに賑わいを増していくものと確信しています。

そしてこの地域がお手本となり、広がっていくことを期待しています。

 

最後に。

スタンプラリーも無事に終わり、KSY学生リーダーの西村くんが話してくれました。

カキ氷を食べながら。

去年の夏まつりでもここでカキ氷を食べました。

カキ氷の早食い競争で。

今回のカキ氷は充実感たっぷりでめちゃくちゃ美味しい!とのことでした。

そして、スタンプラリーが始まる直前に

地域の見知らぬおじいさんから言われたそうです。

「もともと賛成してなかった、時間も押してる、何やってる」的な。

初めてやる不安に加えて、始まる直前に相当なプレッシャーもあったと思います。

スタンプラリーが終えて。

また、そのおじいさんから呼ばれたそうです。

怒られると覚悟をしていたら。

「最初は反対もしとったし、どうなることかと思っていた。」

「ただ、帰ってきた子供たちの楽しそうな笑顔を見てたら、良かったんじゃないかと思った。」

「やるな!」

「学生!」

そう言われてホッとして良かったです。

と報告を受けました。

西村くんの、「最後に認めてくれた感じがして嬉しかったです!」

その達成感に満ちた笑顔から凄くいい経験をしたのだなと実感しました。

反対意見もひっくり返したSKY学生に改めてリスペクトです。

 

そして、スタンプラリーに協力して頂いたみなさんに感謝いたします!

受け入れて頂いた訪問先の地域の方々。

参加した子どたちの親御さん。

夏まつり実行委員のみなさん。

なによりも、なによりも、田尻会長と樋口会長!

 

次回につながる第一歩として。

地域の新たな挑戦。

学生たちの実践的な学びの場。

SKY LABELは本当に良いチームになったなと実感しています。

今回は特に、幸せな気分にさせてもらった夏まつりでした。

ということで報告はここまで。

今回は、この写真で失礼しますー

上写真(去年)

下写真(今年)

今回のスタンプラリー企画は、熊本日日新聞にも掲載されましたよー!

8月20日に。

関係者のみなさん、本当にありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です