第10回 ORANGE LABEL活動報告

第10回 ORANGE LABEL活動報告

令和元年 5月14日  CANPUSの松永です。

 

熊本市役所、熊本市児童相談所の宮本昌浩さんか

ら「児童虐待」についてお話をして頂きました。

まず、自己紹介から始まり、資料に沿って進めら

れました。

熊本市の18歳未満の人口が約13万2千名いるこ

と。

職員が74名体制(正規職員51名、嘱託職員23名)

組織は、総務班、初動班、施設班、地域班、心理

判定班、一時保護所がある。

 

児童相談所の業務の中で、虐待相談、養護相談、

非行相談、性格行動相談、不登校相談等がある。

大きな機能として、一時保護の件、措置のことで

知らないことがたくさんありました。

児童相談所に年間2300件の相談総数があり、相談

から対応と警察からの通告等があり、24営業で対

応している組織とは知りませんでした。

学生さんからの事前質問等にも学生へのアドバイ

ス、やりがい等相談所の職員さん等の生の声を伝

えてくださったことで学生の目の色が変わりまし

た。

私は、自分の時代はよく暴力的なことが当たり前

のようでした。

子どもにも虐待をしてきました。

今日の話を聞いて、やってはいけないことだと認

識しました。

見たり、聞いたりしたら自分自身で判断するので

はなく警察、児童相談所に通告したいと思いまし

た。

 

 

参加者の感想

本日はお忙しいところ、資料の作成、職員方から

の意見を聞いてくださったり、お話をしてくだ

さったり・・・本当にありがとうございました。

 

児相は、24時間営業であったり、通告の仕方であ

ったり、業務についてであったり、日常では、絶

対聞くことができないお話を本当にありがとうご

ざいました。

 

「何か大変だな」と思ったことがあれば、まずは

相談する。というスタンスが皆にできれば、今よ

りももっと救われる命があるのではないかと思い

ました。

「児童相談所」というものがよくわからなかった

けれど、今回のお話を聞いてみて、相談所の抱え

る問題が今後どのようにしていけばよいかわかり

ました。

 

自分の経験と照らし合わせてみれば、私も両親か

らよくたたかれていましたし、兄もかなり暴力的

で、殴る、蹴る、突き飛ばすなどされていました。

しかし、子どもである私は、(相談するまでもな

かった程度だと思いますが)自分から相談・通告

しょうという考えはありませんでした。

身体、精神的にもかなりきていましたがどうしょ

うもありませんでした。

今後は、私自身が子どもを守る立場になるので、

考えて変えていかないといけないと強く、自分

の経験を合わせて感じました。

今日はありがとうございました。

最近、虐待死の事件をよく耳にするので過酷な

大変な現場というイメージが強かったですが職

員の方の声で「子どもはかわいい」「やりがい

がある」という声が多かったのが印象的でした。

 

里親のチラシで、短期間のものや必要経費の支給

があることを初めて知ったので、これなら始めや

すい人が多そう、広めてみたいと感じました。

対応件数の増加率には驚きました。

 

児童相談所について興味があったので、体制や

業務について知ることが出来、大変良い機会と

なりました。

児童相談所で働いている皆さんがやりがいを感

じながら働いていらっしゃると知り、更に興味

深くなりました。

教師という職以外にも、教育学部で学んだこと

は多くの職場で生かせるということを聞いて、

学生のうちに学べることや実習などで体験でき

ることひとつひとつを大切にしていきたいと思

いました。

 

今回のお話では、児童相談所の役割や児童虐待

の現状を学んだうえで、現場で実際に働いてい

る方々の声を知ることができたことで、児童虐

待について理解を深めることができました。

 

お話を聞いて、私が考えたことは、児童虐待の

予防・解決のためには多面的なアプローチが必

要になるということです。

虐待が起きた背景や周囲の環境など考慮すべき

ことがとてもたくさんあると実感しました。

 

少子化が進み、18歳未満人口が減っているにも

関わらず、相談件数は年々増加している。

“子育ての質”や“子育てでのストレス解消”“家庭内

外の子育て”などの視点があってもいいなと思い

ました。

 

子育てに悩む親のつながりやセミナーが多く開催

されるといいなと思います。

未婚の私も学ぶ機会が欲しいですね・・・

 

知らないことばかりで勉強になりました。将来、

家庭を持った際に関わってくることだと思いま

した。

大変シビアのお仕事だと思いますが頑張ってく

ださい。

 

 

ワークショップ後、ボランティア活動

(黒髪コミセン周辺)のごみ拾いを行いました。

今年度初めての活動証明書発行です。

夜遅くまで参加された学生さん、お疲れさまでした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です