30年度 CANPUS 総会

2019年4月7日

キャンパスの総会を行いました。

新メンバーも参加されたのでまずは自己紹介から始まりました。

本当に心強い仲間が加わりこれからの事業が楽しみです。

 

それでは、以下、総会議事録になります。

 

平成30年度 特定非営利活動法人 CANPUS総会 議事録(案)

日時:平成31年4月7日(日)18時30分~20時30分

会場:未来会議室

1.CANPUSの平成30年度の会計報告が資料に沿ってなされた。

例年と違う箇所は、法律変更に伴い、法人格をやめる場合の告知費用を(株)ボンドに預金した点。

2.オレンジレーベル活動報告が資料に沿ってなされた。

3.ホワイトレーベル活動報告が資料に沿ってなされた。

4.スカイレーベル活動報告が資料に沿ってなされた。学生と企業で学ぶ「地域で生きるを考える」セミナーの活動報告が資料の沿ってなされた。2019年3月25日、スカイレーベルの活動報告と地域貢献に関するディスカッションを実施。参加者は、学生7人、企業7社。企業からは、「どのように働き、どのように家族と生活しているのか」をテーマに1社5分程度でプレゼン。学生参加者の循環の継続、企業と学生が「地域貢献」について一緒に考えることができる場を創造することが狙い。

5.31年度新しい取り組みについて、スカイレーベルの活動計画が報告された。

企画名は「お掃除パレード」。下通繁栄会の協力を得て、清掃活動、啓発啓蒙を狙ったパフォーマンス、ゲームを融合させたイベントを企画中。夏前に第一回目を実施予定。イベント実施にあたり、ポップアップ式バックパネルの購入希望あり(約7万円)。

6.フードバンク(賞味期限切れの廃棄食品を企業が各福祉施設・団体に寄付する活動)、フードドライブ(家庭で余っている食べ物を学校や職場に持ち寄り、各福祉施設・団体に届ける活動)のような活動をCANPUSとして検討していきたいという提案がなされた。

7.領収書宛名を、「特定非営利活動法人 CANPUS」と統一することに決定した。

8.オレンジレーベルワークショップ会場費の使用について提案書に沿って下記の通り提案がなされ、承認された。

活動拠点のKDSの黒髪カフェの閉店に伴い、新しい活動拠点として「黒髪コミュニティセンター」を使用。費用は、1年間で4800円。

9.提案書の新しいテンプレートが提示された。

10.各レーベル担当者・企画名について下記の通り変更の提案がなされ、承認された。

ZERO BEYOND →  ZERO PROJECT

各レーベル担当者 → コーディネーター

コーディネーター育成者 → ディレクター

11.各レーベルののぼり作成費用10,000円が提案書に沿って提案され、承認された。

12.各レーベルの備品予算3,000円が提案書に沿って提案され、承認された。

13.ZERO KENの問題集を電子化(PDF化)の提案がなされ、承認された。

14.収支計画について、下記の通り説明がなされた。

●収入:96,000円

年会費:16人×6000円

●支出:50,800円

会場費    4,800円

のぼり   10,000円

備品     3,000円

HP管理費 33,000円

15.貢献ポイントシステムについて、資料に沿って提案がなされた。

陰で汗をかいた者を評価する仕組み、社会貢献(ボランティア)を数値化し、将来的にポイントを換金できるようにすることを目指し、まずは本年度から以下のような取り決めで、ポイントを付与することが承認された。

活動参加者:1P

コーディネーター:2P

新規事業スタートアップ:5P(1回)、継続 3P(年)

メンバー更新:1P 役員3P

総務・財務:5P

✴︎HPメンバー紹介で星を表示 10P(シルバー) 50P(ゴールド)

1P:100円

16.CANPUS連携強化活動の報告がなされた。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です