第12回WHITE LABEL

こんにちは。CANPUS の山本です。
桜が満開の暖かい土曜日の午後、平成最後の WHITE LABEL を開催しました。
この日は熊本市内のあちらこちらでお祭りが開催されており、私たち以外にも街中で清掃 活動されている方々がいらっしゃいました。
なのでゴミがいつもより格段に少なかったです。 誰かが自分たちの住んでいる地域のために行動してくれていると思うと、心がほっこり温 かくなりました。

さて、今回はまず服の交換会からスタート。
2 回目のこの企画ですが、サイズが合わないな ど難しい点もあります。そんな中、運命的に新しい持ち主が見つかった服は、私の代わりに 新しい持ち主と共に過ごし、なかにはその子と一緒に海外に旅に行っちゃう服も!

SNS などで自分が差し上げた服が写っていると、思わずにんまりしちゃいます。
そして今回は大学生のキエちゃんが、タイへのスタディーツアーへ行った時の報告をして くれました。
キエちゃんは今回服の旅ということで、タイのバンコクとチェンマイに“服の工房”, “布の問屋”“民族の村”を回り、布に触れたり、手仕事に触れたり、藍染め体験などしてきた そうです。 お洋服のことはもちろん、タイ王室のロイヤルショップのことなど、見てきたこと、体験し たことをたくさん話してくれました。 「フェアトレードや、服を作りたいって気持ちは大切だけど、現地の経済や国の成り立ちを 知ることが大事。」と話してくれたのがとても印象的でした。 スタディーツアーの内容は近日キエちゃんがアップしてくれるそうなので、お楽しみに!
話を聞いた学生さんからは ・タイには「食べに行く」しか今まで考えたことなかった。民族によって(刺繍の)柄が違 うのに驚いた。
・貧困のイメージだったが、バンコクは都会で驚いた。
・行ってみたい! などの感想がでました。みんなでスタディーツアーしたい!ととても盛りあがっていまし た。今回も楽しい WHITE LABEL でした。
CANPUS 山本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です