第7回 WHITE LABEL活動報告

こんにちは。CANPUS の山本です。

9月9日第7階WHITE LABEL を開催しました。この日は雨ということもあり、清掃は断念して、みっちり今後の活動計画をたてました!

WHITE LABELは地域に根ざし、グローバルに活躍できる若手の育成を目標にしてます。

理念であるファッション、福祉、国際協力それぞれの行動計画を、ショートプログラム、定例、長期計画にわけてみんなで考えました。

さすがは日頃、様々なボランティアをしている学生さんが集まってるので、アイディアが出る出る!

たくさんあるのでファッション分野の行動計画をご紹介したいと思います。

ショートプログラム

•巾着、ネクタイ作りなどのワークショップ

定例

•着なくなった服を持ち寄り、化学繊維など調べて勉強する。(1枚にどれだけの水や薬品が使われているかなど。)→まだそのまま着れるものは着たい人が持ち帰る。残ったもの、そのまま着れないものは、リメイク素材として残す。

•ファッションについて(エシカルファッション、リメイク、ファッションの環境問題、製造、販売)勉強する。

ロング

•服をつくる。

•作った服のファッションショーを開催する。

•作った服の販売。

•衣服が必要な国に必要な衣服を送る。(靴も)

などです。他にも福祉、国際協力でも計画を立てましたが、定例や長期計画では福祉×国際協力、ファッション×国際協力などそれぞれの理念が重なり交わるプログラムもでてきました。WHITE LABEL のような小さなチームでもSDGs実践していけそうな予感がします。

難しい課題にもまずワクワクすることから始めて挑戦する。WHITE LABEL らしい行動計画が出来たと思います。皆様、今後のWHITE LABEL に乞うご期待ください。

CANPUS 山本 真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です