ルワンダ旅行記(特別篇)

みなさん、お久しぶりです!まだ初めましても済ませていない人も多いですが、3月末ごろにWhite Labelの活動報告を書かせて頂きました戸田千晴です。

今回は、ひーちゃん&ちーちゃんの特別コラボ投稿となっております。ひーちゃん・ちーちゃん誰やねん、と思われる方はどうぞ続きをお読みくださいませ!

ちーちゃんこと、戸田(はい、私です)は現在大学を休学し上京、色々と模索しながらもやりたいことを全力でやっております。

私のことを知っていただく上で、一つのキーワードとなるのが「アフリカ」なんですが、今回は皆様に勝手に私のこのキーワードを押し付けさせて頂きます(^O^)ご了承ください

以前の活動報告では、タンザニアに行った際の話をすこーし書かせていただいたのですが、ついこの間8月半ばから今度はルワンダというこれまたアフリカ大陸にあります国へと行って参りました。

この帰国後、みなさん大好き笑顔が素敵な頼れる存在、そう、canpus のひーちゃんこと小島さんから質問をいくつか頂きましたので、それに私なりに答えたものが下のPDFです。

https://canpus.org/wp-content/uploads/2018/09/ルワンダ帰国後QA(Q小島さん→A戸田)-1.pdf

話口調でほとんど書いていますので、わりと読みやすくはなっているかなぁと思います。

そして、canpusに関わる皆さんにもルワンダのこと、アフリカのこと、世界で起こっていることを知ってほしいと思っています。元々このように公に出す用に書いたものではないため、一部分かりにくい部分もあるかと思われますがどうぞご理解いただけたら幸いです。

これを読んでいただく前の事前情報と致しまして、ルワンダの情報を少し。

ルワンダでは1994年多数派フツ族が、少数派ツチ族を100日間で約80万人虐殺するという悲惨な出来事がありました。この虐殺(ジェノサイド)の加害者も被害者も、多くは一般市民です。つい昨日まで隣人だった人が、あることが引き金となり殺人者に変容してしまったんです。、、、それから24年ルワンダは今IT産業なども発展するアフリカの中でも比較的治安の良いとされる国になりました。「ルワンダの奇跡」とも呼ばれています。

あともっと詳しく知りたい方は、ぜひネットでも本でも映画でもいいので調べてみてください。はい、もう一度PDF貼っておきますね!お時間あるときにでも読んでくれたら嬉しいです〜

https://canpus.org/wp-content/uploads/2018/09/ルワンダ帰国後QA(Q小島さん→A戸田)-1.pdf

CANPUSコジマです。

先日ぷらっとルワンダに行って来た熊本県立大学の戸田千晴ちゃんが、現地から、また帰国後にたくさんの写真や動画を送ってくれました。

その写真や動画から、視野を広げまた本質的な気づきが沢山あったんだろうと感じ、また、質問受け付けますとのことだったので、内面的な質問をメインに投げかけました。

自分の意思をしっかりと等身大で素直に伝えてくれて、どんな思いで現地を視察し何を感じたのかが伝わり、私自身も色んな コトを考えさせられるいい機会になりました。

情報は、発信した誰かの思想や大人の事情ってものが反映しているケースが多いですが、本当の情報を知りたかったら、実際に現場に行き自分の目で確かめる必要があり、百聞は一見に如かずで、自らの足を運んだ者にしか分からない本物の情報がそこにはあります。

今回、カジュアルな対話式での報告となっていますので伝わりやすかったと思います。

ひとりでも多くの方々に見て欲しい、また共感した人たちと千晴ちゃんとのトークセッションの機会が生まれたら素敵だな思いまして、今回は特別にこういった形でのコラボ投稿とさせて頂きました。

アップデートされた千晴ちゃんと、絡んで楽しい企画を企ててみたいって方は私までお声かけくださいませ!

 

 

おまけ

そして更に投げかけた質問のひとつを紹介します。

Q コジマ

報告のなかで、もっと勉強したいとありましたが、具体的にどんな勉強が必要だと思った?

A チハル

これから更に勉強したいこととしては、
・アフリカの歴史 (今おこっている混乱にはすべて歴史が関わっているように思えたから)
・国際政治 (アフリカだったり、今紛争がおこっている地域、途上国の裏には欧米諸国・日本も含めた先進国が関与していることに気づけたから) ・心理学、カウンセリング (資格をとりたいというよりも、個人的に単に興味がある) ・英語 (専門用語等も含めて、深い内容を聞き出したり議論できるぐらいの)
・紛争解決学 (紛争を知らずに平和は語れないと思ったら)

こんな感じです! この学問のすべての先には、タンザニアやルワンダで出会った、世界の大きな混乱に巻き込まれている人の顔があります。

より詳しく深めたい内容はこの大きな枠組みの学問を勉強していく中で出てくると思うので、その都度優先順位をつけながら勉強していこうかなぁと思ってます

あとは日々 BBCだったり時事・ 世界の動きを発信してるサイトみながらアンテナ広く張ってるのは、今後も続けたいですね やっぱり心のどこかには、このスポットをあてられないけど、 混乱に巻き込まれている人たちの存在を「伝えたい」って気持ちがあるんだと思います。

 

 

ということで、千晴ちゃんに繋げてみたい人がいる、また勉強の力になれるぞーって方を絶賛募集中です!

ではでは、長くなりましたが最後まで読んで頂きましてありが とうございました。

CANPUSコジマ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です