ZERO KEN 2018(熊本大学授業)

ZERO KEN 2018(熊本大学授業)

 6月下旬に熊本大学からオファーがあり、1年生必須科目で「地域課題」についての授業をさせて頂きました。

201712月に初回をやって今回2度目となります。

今回は地域の話を熊本市の地域担当職員の瀬井さんが地域全般の内容と、私が地域の課題として必ずと言っていいほど上位にくるごみ問題にフォーカスした「ごみ問題からみえる地域課題」というテーマでスライドを使って話しました。

キャンパスの事業の始まりとなる「ZERO PROJECT」の立ち上げから今の「ZERO BEYOND」の活動までを、現在一緒に活動しているORANGE LABEL(熊大チーム)の学生リーダー藤本君にも少し話してもらい、最後に「ZERO KEN」をみなさんに受けてもらいました。

熊大1年生146名受験し、結果として14名の認定者がでました。

今回は、1,2問正解していれば認定という学生がとても多かったです。惜しかったですね!

そして、解答用紙にZERO活動に参加希望、若しくは情報だけでも欲しい方にメアドを書いてもらうようアナウンスしたんですが、5名が参加希望、情報が欲しい学生が12名いました。

先生曰く、100名の学生にインフォメーションしてメアドを書いてくれるよう伝えると、大体13名くらいの反応があるとおっしゃっていたので、これでもかなり良い反応率だったかなと思います。

ということで、ORANGE LABELに新たな仲間が加わってきそうで楽しみがひとつ増えましたね。

後日、熊大の先生を訪ねて「ZERO KEN」回答用紙と認定カードを持って行ったんですが、また次年度もお願いしたいとのことでした

それぞれの大学で、各レーベル担当者とレーベル学生リーダーと一緒に授業できたら最高ですね!

ORANGE LABELで一緒に活動している、熊本市職員で地域担当職員の瀬井さん、撮影と雑用をしてくれたオレンジレーベル担当者の松永理事、そしてオレンジレーベル学生リーダーの藤本くん、お疲れさまでした!

 キャンパス小島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です